顧問教師会

空きスペース

平成26年度2570地区インターアクトクラブ顧問教師会役員一覧表

役職 氏名(学校名)
会長 伊藤正志 (和光国際)
副会長 加藤慎也 (正智深谷)
幹事長 林雄一 (細田学園)
副幹事長 浜田真 (西武文理) 千葉健司 (星野)
幹事(書記) 井上由佳 (正智深谷) 松山健介 (星野)
事務局 浜田真 (西武文理)
ジャーナル担当 伊藤孝文(狭山ケ丘)
監事 伊藤孝文(狭山ケ丘)

平成26年度2570地区インターアクトクラブ顧問教師会役員一覧表

役職 氏名(学校名)
会長 伊藤正志 (和光国際)
副会長 加藤慎也 (正智深谷)
幹事長 林雄一 (細田学園)
副幹事長 浜田真 (西武文理) 千葉健司 (星野)
幹事(書記) 井上由佳 (正智深谷) 松山健介 (星野)
事務局 浜田真 (西武文理)
ジャーナル担当 伊藤孝文(狭山ケ丘)
監事 伊藤孝文(狭山ケ丘)

第2570地区 IAC顧問教師会会則

第 1条 ( 名 )

  • 本会は、国際ロータリー第2570地区埼玉県高等学校インターアクトクラブ顧問教師会(以下「顧問教師会」という)と称する。
第 2条 ( 事務局 )

  • 本会は、事務局を会長指定の場所におく。
第 3条 ( 目 )

  • 本会は、顧問教師会の連絡を密にし、本地区ロータリークラブと協議し、本地区内で行われる種々のインターアクトクラブ活動の共通理解と各クラブ相互の親睦を図り、その発展に寄与することを目的とする。
第 4条 ( 事 )

  • 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  • 顧問会、研修会、及び親睦会等の開催
  • 年次大会、協議会、及び指導者研修会等の指導助言
  • インターアクトに関する調査研究
  • 会報の発行及び報告書作成指導
  • その他、本会の目的を達成するために必要な事業
第 5条 ( 会 )

  • 本会の会員は、本地区内インターアクトクラブを指導する顧問教師とする。
第 6条 ( 役 )

  • 会長1名
  • 副会長2名
  • 幹事長、副幹事長各 1名
  • 監事1名
  • 幹事2名
  • 事務局(会計)2名
  • 顧問若干名
第 7条 (役員の選出)

  • 本会の役員の選出は、次のように定める。
  • 会長・副会長及び監事は顧問教師会において選出する
  • 幹事・事務局は、会長が委嘱する
第 8条 ( 役員の任務 )

  • 本会の役員の任務は、次のように定める。
  • 会長は会務を総理し、本会を代表する
  • 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、会長の職務を代行する
  • 事務局は、会計、会務を処理する
  • 会誌委員は、会誌発行等を担当する
  • 監事は、会計を監査する
  • 幹事は、会計を監査する
  • 顧問は、会長に意見を述べることができる
第 9条 ( 役員の任期 )

  • 本会の役員の任期は、1年とする。但し再任をさまたげない。
第10条 ( 運 )

  • 本会の運営を円滑にするために、必要に応じて地区インターアクト代表と連絡を密にする。
第11条 ( 会 )

  • 顧問教師会は、原則として毎学期1回、会長がこれを招集する
  • 幹事会は必要に応じ、会長が招集する
  • 記録は事務局におく
第12条 ( 会 )

  • 本会の会費は、1校当たり、年会費5,000円とし、その他補助金等をもって運営する。
第13条 ( 会計年度 )

  • 本会の年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第14条 ( 細 )

  • この会則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。
第15条 (顧問教師会事務局と幹事長の選出について)

  • 事務局(会計係)についてはインターアクトクラブの創立の古い学校から
  • 順に2年を限度に務めるものとする
  • 但し、やむを得ない事情がある学校に限り、幹事長、副幹事長、幹事で調整して、会長、副会長に諮った上で顧問教師会で決定する
  • 一巡したときは、再度創立の古い学校から順に務めるものとする
  • 幹事長、副幹事長の人選については幹事団で調整して、会長・副会長に諮った上で顧問教師会で決定する
第16条 (顧問教師会海外派遣要項)

  • 3人派遣とする。場合により女性教師が必ず含まれなくとも可とする
  • 人選は、幹事長、副幹事長、幹事、海外研修係で協議し、会長、副会長に諮った上で顧問教師会で決定する。補欠も一人選出するものとする
  • 選出された3人は、各自業務の分担をし、海外に派遣された場合には、一人は通訳、事務連絡、調整をするものとし、残りの二人は生徒の引率を主とする
第17条 (ホスト校の決定について)

  • ホスト校については、インターアクトクラブの創立の古い学校から順に務めるものとする
  • 但し、やむを得ない事情がある学校に限り、次の学校がホスト校を担当するものとする
  • その学校が実施可能の条件が整い次第、遡って必ず務めるものとする
  • 協議ついては幹事団で調整して、会長、副会長に諮った上で顧問教師会で決定する
第18条 (慶弔に関して)

  • 会員が病気、事故、災害等に遭ったとき、幹事長、副幹事長、幹事で協議し、会長、副会長に諮った上で決定する
  • 本規定による贈上に対しては返礼せざるを原則とする
第19条 (年次大会)

  • 原則として一泊二日とし、充実した活動と共に顧問間・生徒間の親睦をはかる
  • 約20名以上の参加者の学校には、運営費より5万円の援助金を支給するものとする
付則

  • この会則を改正しようとする場合は、顧問教師会において行うものとする
  • この会則は、平成9年4月1日より適用する
PAGETOP
  2017  Copyright ©  Rotary International District 2570 All Rights Reserved.