社会奉仕部門

齋藤 栄作
社会奉仕部門 基本方針
国際ロータリー第2570 地区
2016~2017年度社会奉仕部門
部門委員長 齋藤 栄作
地区 (THE DISTRICT)
ロータリー地区の活動並びにその組織はロータリークラブを支援し、その取り組みを更に高める事を唯一の目的とする(ロータリー章典17.010.1)

社会奉仕 (COMMUNITY SERVICE)
社会奉仕はクラブの所在地域または行政区域内に住む人々の生活の質を高めるために、ときには他と協力しながら、会員が行うさまざまな取り組みからなるものである。

社会奉仕に関する1923年の声明より引用

RI会長テーマ(RI THEME)
(2016~17年度 国際ロータリー会長 ジョン・ジャーム)

「人類に奉仕するロータリー」

 111年の歴史の中で毎週世界34000以上のクラブのロータリアンが集います。私たちが集う一番の理由は最も大切な目標、すなわち「奉仕」のためです。今日の世界で意義ある奉仕を行う最善の道はロータリーの会員になることであると私は信じています。
 クラブ、地区、RIのレベルにおけるリーダーシップの継続はロータリーを繁栄させ、その秘めたる可能性を最大限に発揮する唯一の方法です。新会員の入会や新クラブの結成だけでは十分ではありません。私たちが目指すのは単にロータリアンの数を増やす事ではなくロータリーによるよき活動をより多く実現させ将来にロータリーのリーダーとなれるロータリアンを増やす事です。
 ポールハリスは晩年次のようにつづっています「個人の努力は個々のニーズに向ける事が出来ます。しかし、大勢の努力の結集は人類の奉仕に捧げなければなりません。結集された努力に限界というものはありません」
 120万人以上のロータリアンが一体となりロータリー財団や各自のリソースを駆使して人類への奉仕に取り組む事になろうとは、ハリスも想像しなかったでしょう。
 「人類に奉仕するロータリー」の伝統を継承する名誉を授けられた私たちには、このような奉仕を行って行く責務があるのです。

社会奉仕部門の活動理念

地区内、51ロータリークラブの社会奉仕活動の支援・サポートを行いその取り組みを更に高める事を活動理念とする。

部門活動指針

地域社会奉仕員会、アイバンク委員会、世界遺産登録推進委員会、ブライダル委員会の4つの委員会が一丸となって活動理念に添って活動し各クラブの社会奉仕活動のヒント・サポートが提供できるように心がけて下さい。
〇財団の補助金の活用による社会奉仕活動の広がりネットワークの紹介
〇ロータリー戦略計画3つの優先事項の一つである「公共イメージと認知度の向上」を常に意識した社会奉仕活動の推進のアピールをお願いします。
〇地区内の各クラブのネットワークの推進を常に意識して下さい。
 アイバンク委員会・世界遺産登録推進委員会・ブライダル委員会は特に大切です

ロータリー戦略計画3つの優先事項(参考)

〇クラブのサポートと強化
〇人道的奉仕の重点化と増加
〇公共イメージと認知度の向上

地域社会奉仕委員会

〇各クラブの社会奉仕活動を地区HPの活用により紹介し他クラブの活動のヒントとする。
〇財団補助金を使った社会奉仕活動にスポットを当て以下の事例を紹介する。
 ●単独のクラブで補助金を使った事例の紹介
 ●複数のクラブでネットワークを駆使して広域的な社会奉仕活動を行い補助金を使った事例の紹介
 ●複数年かけて補助金を使った事例の紹介
〇希望の風奨学金の現状の紹介
〇各部門内部の委員会の活動内容の地区HPへの掲載
 公共イメージと認知度の向上を意識したHPの活用

アイバンク委員会

〇検眼登録者数の増員を第一の目標とする。検眼登録の詳細の説明が必要
〇グループ毎、クラブ毎の登録者数の発表(卓話依頼・キャラバン必要)
〇各グループのガバナー補佐を通して会長幹事会でのお願い
〇年間を通したて継続的なお願いと状況把握

世界遺産登録推進委員会

〇各クラブ・各地域の持つ社会奉仕活動財産の再発見を通して社会奉仕活動、公共イメージと認知度の向上に結び付けるヒントを探る。
〇埼玉古墳群の世界遺産登録をサポータの会、地元ロータリークラブ、地元各種団体のネットワーク構築を推進する。

ブライダル委員会

〇ブライダル委員会の活動を通して地区内のロータリークラブのネットワークを強固にする。2770地区との共同開催も考える。
〇ブライダル委員会の活動と社会奉仕活動の関連性という原点に戻ってブライダル委員会活動の再構築する。

共通必要事項

〇地区事務所を通して各クラブへ広報活動
〇地区HPを通しての啓蒙活動
〇キャラバンによる啓蒙活動

PAGETOP
  2017  Copyright ©  Rotary International District 2570 All Rights Reserved.