地区戦略計画委員会

新井 啓介
地区戦略計画委員会について
国際ロータリー第2570 地区
2016~2017年度地区戦略計画委員会
委員 新井 啓介
 地区戦略計画委員会は、当地区の中長期目標の策定、当地区の問題点の調査、地区活性化とクラブ支援策の検討、規定審議会対策を含めてRIへの提言・要望の取りまとめ、その他ガバナーの諮問事項について協議する委員会で、2013~2014年度に制定され、昨年度、高柳育行ガバナー年度に発足致しました。
 国際ロータリー戦略計画委員会設置の経緯は、2002年戦略計画委員会を発足し、2004年の決議を得て、2007年6月「RI戦略計画」を理事会が承認し、2010年一部改正し、現在に至っております。
 国際ロータリー戦略計画の「本質」は「地域の人々の生活を改善したいという情熱を社会に役立つ活動に注いでいる、献身的な人々の世界的ネットワーク」となっています。また、「使命」は「私たちは、他者に奉仕し、高潔性を推進し、事業と専門職務および地域社会のリーダーの間の親睦を通じて世界理解、親善、平和を推進する」とされています。
 それらを実践するための「優先項目」には、「クラブのサポートと強化」・「人道的奉仕の重点化と増加」・「公共イメージの認知度の向上」の3つが挙げられています。
 さて、「ロータリアンが、ロータリーの中において、何を優先させ、どのような行動をとるか」の指針として、「中核的価値観」が定められていますが、これらは、先輩ロータリアンだけでなく入ったばかりのロータリアンに至るまで、ロータリアン一人ひとりが認識をして実践するべきものです。「奉仕」・「親睦」・「多様性」・「高潔性」・「リーダーシップ」の5つがあげられています。
 当委員会の役割は、地区運営にあたり、RIの戦略計画に沿って、地区の戦略計画を立案し、各クラブにもクラブの実状に即した戦略計画を立案し、より活力ある良いクラブになるよう支援いたします。また、当委員会の役割のひとつでもある今後の規定審議会に向け、各クラブから積極的に制定案、決議案を検討して頂くことも期待しておりますので、よろしくお願い致します。
PAGETOP
  2017  Copyright ©  Rotary International District 2570 All Rights Reserved.