危機管理員会

前嶋修身
危機管理員会
国際ロータリー第2570 地区
危機管理員会
委員長 前嶋修身
1.基本方針
国際ロータリー第2570地区において実施する青少年育成プログラムに参加するすべての青少年の安全と健康および健全な生活を守り、交通災害、自然災害等の事故・災害からの保護と身体的、性的、精神的虐待あるいはハラスメントを防止するとともに、事態の発生の場合は適切な対応を行う。

(1) 青少年の交通災害、自然災害等の事故・災害からの保護等に関する啓発活動および研修の実施、ならびに、災害防止のための環境整備について、ガバナー及び青少年育成プログラムに関係する地区委員会の委員長に必要な提言を行う。
(2) 身体的、性的、精神的虐待あるいはハラスメントの防止等に関する啓発活動および青少年育成プログラムに関係する地区委員会の委員長に必要な提言を行う。
(3) 青少年交換プログラムに携わる関係者について、参加資格を確認する。
(4) 交通災害、自然災害等の事故・災害およびハラスメント等に起因する事態が発生した場合に事実関係を調査する。
(5) 前号の確認結果に基づき、当事者たる青少年の安全と健康の保護ならびに事態への適切な対処のための方策を講ずる。
(6) 前号のための必要な対応策をガバナーに提言し、あるいは、関係委員会の委員長その他の関係者に対して必要な指示、指導を行う。
(7) その他、危機管理、防止等に対して必要な指示、指導を行う。

2.実施計画
(1)全国危機管理委員長会議に出席
    ・2019年7月7日(日) AP品川 ABC’ホール
    ・主催 国際ロータリー日本青少年交換多地区合同機構 RIJYEM
       ・「ロータリー青少年保護の手引き」について
       ・「ロータリー青少年プログラム国外派遣申請書」について
(2)委員会開催
    ・3回 (2019年6月までに1回、期中に2回)
    ・危機対応時については随時
(3)「地区危機管理規程」の改正

3.国内におけるRIJYECからRIJYEMへの変遷(メモ)
①RIJYEC(NPO法人 国際ロータリー日本青少年交換委員会)の設置
    ・2000年7月
    ・1人当たり100円の支援金を徴収
②「第2570地区 危機管理規程」の制定
    ・2012年7月1日施行
③RIJYECの支援金100円が200円に改定
    ・2015~2016年度
④RIJECが多地区合同奉仕活動に移行
    ・2016~17年度決議
⑤RIJJECからRIJÝEM(国際ロータリー日本青少年交換多地区合同機構)へ改変
    ・2018年4月に一般社団法人として設立

PAGETOP
  2019  Copyright ©  Rotary International District 2570 All Rights Reserved.