社会奉仕部門

西澤 長次
社会奉仕部門 活動方針
国際ロータリー第2570 地区
2018~2019年度社会奉仕部門
部門委員長 西澤 長次

社会奉仕は、 クラブの所在する地域内の人々の文化的生活環境基準を向上させるために、 時にはロータリークラブが他団体と提携して、 ロータリアンが行う各種事業活動です。社会奉仕部門は、 今年度も、 これまでと同様、 継続事業活動を4つの委員会に分けて活動を行います。
また、 公共イメージを向上させる為に、 各部門の委員会の活動内容をHPに掲載します。更に、 社会奉仕以外の事業等も同時にHPに掲載し、 公共イメージの向上に広く地域社会へ発信し 「ロータリーは、素晴らしい活動をしている私も一緒に参加してみたい。」 と思って頂けるような事業展開を進めて参ります。

1. 地域社会奉仕委員会
地区内各クラブの社会奉仕活動事業の情報を収集発信し、 各クラブの情報を共有し、活発なロータリー活動を行えるよう支援します。 2570地区HPで各クラブの社会奉仕活動を公開し、 一般社会に広く発信します。

2. アイバンク委員会
アイバンクの啓蒙運動の更なる推進をします。
角膜提供 ( 検眼 ) 推進を行い、 一人でも多くの失明者を救うための登録活動を継続します。

3. 世界遺産 ・ 無形文化遺産登録推進委員会
さきたま古墳群の 「めざせ世界遺産」 運動をRID2770地区にも広げ、 埼玉県下のロータリアンの協力者の増強を推薦します。
ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」として、2017年5月秩父祭りの屋台行事と神楽、 川越氷川祭りの山車行事が登録されました。
今年度も、 各クラブで、 キャラバン卓話受け入れのご協力をお願いいたします。

4. ブライダル委員会
ロータリアンの推薦を受け登録した単身の男女の成婚率を高めるため、より良い機 会( ブライダルパーティーと相談会 ) の提供活動を行います。 登録者推薦にご協力をお 願いいたします。

社会奉仕活動は、 各クラブが地域ニューズに合った、 成果のあがる社会奉仕活動が出来るよう積極的に情報発信させて頂きます。
各クラブ様のご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

PAGETOP
国際ロータリー第2570地区 地区事務所
  2018  Copyright ©  Rotary International District 2570 All Rights Reserved.