社会奉仕部門

齋藤栄作
社会奉仕部門 活動方針
国際ロータリー第2570 地区
2017~2018年度社会奉仕部門
部門委員長 齋藤 栄作

社会奉仕 (COMMUNITY SERVICE)
社会奉仕はクラブの所在地域または行政区域内に住む人々の生活の質を高めるため、
時には他と協力し、会員が行う様々な奉仕の取り組みからなるものであり,2570地区の活動並びその組織は地区内ロータリークラブを支援し、その取り組みをさらに高める事を唯一の目的としています。「奉仕を通じて変化をもたらす」ためにロータリーの戦略計画3つの優先項目を意識した「行動の伴った社会奉仕活動」を奨励・アシストします。
優先項目の1つである「クラブのサポートと強化」=会員の勧誘と維持を改善する(会員増強)、「人道的奉仕の重点化と増加」=特に奨励されるロータリーの6つの重点分野に関連した活動の奨励と持続可能性を高める社会奉仕活動が「公共イメージと認知度の向上」を意識した社会奉仕活動へと発展し3つの優先事項によりクラブの社会奉仕活動に相乗効果が生まれるように4つの委員会が一丸となって活動に役立つヒントを地区内のクラブに発信し「RI戦略計画を皆で一緒に実行出来る様」にサポートして行きます。ご理解ご協力をお願いします。
地域社会奉仕委員会
〇各クラブの社会奉仕活動を地区ホームページに掲載し他クラブのヒントとします。
〇財団補助金を使った社会奉仕活動にスポットを当て事例を紹介します。
〇希望の風奨学金の現状の紹介(東日本大震災を忘れない)をします。
〇公共イメージと認知度の向上につながる社会奉仕活動を地区HPに掲載します。
アイバンク委員会
〇献眼者登録者数の増員を目指します。
○登録者0クラブを無くす様に啓蒙活動を積極的に行います。
〇ロータリークラブの実績と活動意義をアピールし公共イメージと認知度の向上に努めます。
世界遺産・無形文化遺産登録推進委員会
〇各クラブに社会奉仕財産の再発見を奨励し公共イメージと認知度の向上に結び付ける活動のヒントを提供できるように行動します。
〇埼玉古墳群の世界遺産登録をサポーターの会、地元ロータリークラブ、地元各種団体のネットワーク構築により推進します。
ブライダル委員会
〇委員会活動を通し地区内ロータリークラブのネットワーク強固に努めます。
〇社会奉仕活動の関連性を念頭に置いた活動をします。
〇各クラブの独自のブライダル活動の紹介、サポートを行います。

PAGETOP
国際ロータリー第2570地区 細井年度
  2017  Copyright ©  Rotary International District 2570 All Rights Reserved.